愛知医科大学


 愛知医科大学病院にはがん診療を臓器横断的に担当する「臨床腫瘍センター」が設置されています。臨床腫瘍センターには、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、日本癌治療認定医機構がん治療認定医などの資格を持つ4名の医師(内科系2名(うち1名は兼務)・外科系2名)が所属しており、患者さんに科学的な根拠に基づいた質の高いがん薬物療法を安全に行うことを目的に、外来化学療法等を行っています。

 愛知医科大学病院では、平成21年1月に「化学療法センター」を設置し、同センターに所属する医師、がん化学療法及びがん性疼痛看護認定看護師やがん専門薬剤師がチームを組んで、乳がん、大腸がんなどあらゆる種類のがんを対象に治療を行ってきましたが、診療機能のほか、がん専門医師の養成など教育研修機能、緩和ケアなどの診療支援機能の効率的な連携を図るため、医師の増員を行い、平成24年4月に臨床腫瘍センターとして新たに発足させたものです。

 現在は、病院内の「痛みセンター」に置かれる緩和ケアチーム、「医療連携センター」のがん相談支援室、事務部門の医療情報管理課及び各診療科と連携しながら,総合的がん攻略の拠点として診療を担っています。また、各診療科が連携して、がんの治療方針についての各種検討会(カンファレンス、キャンサーボード)が盛んに開催されており、それぞれの立場から意見交換をしています。

aichi-pic.JPG

 

green_arrow.gif 一覧へ戻る