名古屋市立大学


インテンシブコース概要

 

(1)養成する人材像:

がん集学的医療を臨床現場で実践する医療者(地域病院のがん診療含む)。

(2)当該人材養成により期待される成果や効果:

専門化するがん医療の中で、地域医療、集学的治療の重要性とその実践法を体得する専門医療者が普及することで、個々のがん患者に最良の医療を提供する環境を整備する。

(3)教育内容の特色等:

病院実習とともに、手術療法、薬物療法、放射線療法、緩和・支持療法からなる集学的治療・患者を包含したチーム医療の概念を横断的に学べるようにセミナー及び多職種による検討会への参加を促進する。 

(4)修了要件・履修方法:

1)インテンシブコースA(がん地域連携コース):

「名市大市民病院合同化学療法勉強会」

 修了要件:勉強会に5回以上参加すること。

 

2)インテンシブコースB(集学的医療実践者育成コース)

□化学療法室、または(腫瘍)病棟での実習             2時間
□集学的医療に関わるセミナー参加(e-learning含む):

「東海がんプロ」主催「東海オンコロジーセミナー」
または、「名市大市民病院合同化学療法勉強会」参加  3時間

□多職種連携検討会参加                      3時間

修了要件:以上の3つの要件をすべて満たすこと。

 

※各コースとも修了証を発行する。

 

(5)履修内容等:

①手術療法  ②化学療法  ③放射線診断・治療 ④緩和治療 ⑤がん看護
⑥がん薬理学 ⑦地域・在宅医療 ⑧がん臨床試験 ⑨支持療法
⑩チーム医療・患者会連携 他

 

(6)研修資格および費用:

名古屋市立大学病院、名古屋西部医療センター、名古屋東部医療センターに勤務する医療従事者(医師、看護師、薬剤師、他医療技術者)。参加費無料。

 

(7)コース参加申し込み法

名古屋市立大学病院 化学療法部 医師 伊藤 旭、小松 弘和

電話 052-853-8216(腫瘍・免疫内科内)
メール komatsu@med.nagoya-cu.ac.jp

 

 

green_arrow.gif各大学のインテンシブコース紹介