浜松医科大学


臨床腫瘍学実践コース(インテンシブ)


1.インテンシブコースの概要

【研修の目的】

次に掲げるような人材を養成することを目的とする。

  • がんの標準療法が実践できる医師
  • 地域においてがんを臓器横断的に診療できる医師
  • サブスペシャリティーを生かしつつ、がん診療全般のマネージメントができる医師
  • 臨床開発試験が理解でき、連携できる医師
  • 抗がん薬に習熟した薬剤師 

また、この人材養成により、次のような成果を出すことを期待する。

  • がんの標準療法の均てん化により、がん患者の治療成績の向上を期待する。
  • 医師の生涯教育として活用できる。また、休職医師等の教育により医療職への職場復帰を図る。
  • がん診療の安全性が高まる。
  • 高齢がん患者に対し、地域における患者の集中を回避できる。
  • がんの在宅医療が普及できる。
  • 緩和ケアの普及により全人的医療の普及ができる。
  • 医師の地域への定着が促進し、地域医療に貢献する。

 

【研修の目的】

地域医療に貢献できるように、臨床腫瘍学の基本的な考え方を修得する

 

2.インテンシブコース修了要件

Aコース(セミナーコース)

「東海がんプロ」が主催する「東海オンコロジーセミナー」全32講義のうち、1講義を1点として、24点以上を聴講する。聴講はセミナーへの出席、または、後日HPに掲載されるEラーニングの視聴による。ただし、東海オンコロジーセミナー(年4回名古屋にて開催予定)、静岡がん治療フォーラム(年2回浜松にて開催予定)、または「東海がんプロ」が主催するセミナー・講演会(開催日は現時点では未定)に1回以上出席を含むこととする。

 また、オンコロジーセミナー出席の場合は1回につき8点、がん治療フォーラム出席の場合は1回につき6点とする。

 上記要件を満たし、かつ所定の手続きを行った者に臨床腫瘍学実践コースAコース修了証を発行する。

Bコース(アドバンスコース)

① 履修科目については、先端医学特論Ⅰ(2単位)、先端医学特論Ⅲ(2単位)、医療倫理学(2単位)、遺伝子医療と再生医療(2単位)、臨床腫瘍学セミナーB(6単位)、臨床腫瘍学実習(8単位)及び腫瘍学(2単位)とする。このうち8単位以上を履修することとする。

② 担当教員と実地訓練の担当者による指導を受けたうえで、経験症例等を取りまとめたレポート(患者一覧(がん種、治療)10例以上)を提出する。

※「東海オンコロジーセミナー」出席1回を4例、静岡がん治療フォーラム出席1回を3例相当とし、最大6例をセミナー出席に振替可能とする。(最低4例を提出)

 

上記①②を満たし、かつ所定の手続きを行った者に臨床腫瘍学実践コースBコース修了証を発行する。

green_arrow.gif各大学のインテンシブコース紹介