藤田保健衛生大学


地域腫瘍専門医・緩和医療専門医養成コース

chart-intensive-fujita.png


Ⅰ.コースの履修対象者

各科の基本学会の認定医あるいは専門医の資格を取得している、または、それに同等以上の臨床経験を有する医師。

 

Ⅱ.教育内容に特色等

総合診療からがん診療まで幅広い経験を得ることができる。在宅でのがん患者に診察など実践的な経験をすることができる。

所属主科の臨床に影響ない範囲で研修を行う予定である。

 

Ⅲ.修了要件 ・ 履修方法

講義、実習の単位取得、担当症例のレポート、在宅などの実習

 

Ⅳ.履修科目等

単位を満たす必要受講回数:合計20回を取得することとする。DVD学習は決められた回数までは可能とする。

(1) がんセミナー(90分) ・・・・・ 20回

(2) 選択式セミナー(90分)・・・ 腫瘍学基盤先端セミナー:10回

(3) 「東海オンコロジーセミナー」・・・・・2講義を1回としてカウントできる。

 

V.研修指導体制

1.主科教授が、がんプロ担当教授と相談して、研修期間を通して責任を負う。

2.外来化学療法室、病棟、緩和ケアにおける診療を通して、多職種からなるチーム医療の実際,他癌腫症例を経験する。

 

 

green_arrow.gif各大学のインテンシブコース紹介